中古パソコンをサブ機として使おう

日進月歩で日々新しい機種のパソコンが発売されています。半導体の集積率は1年半で2倍になるというムーアの法則もそろそろ頭打ちになりそうだとの声もありますが、依然CPUの性能は向上を続けています。さて日々性能の優れた製品が登場している今、中古のパソコンの性能はどの程度でしょうか。
現在市場に出回っている物はまだまだ普段使い程度にでも使用できるというのが実態で、ゲームなど重い処理を必要とするアプリを使わない前提であれば、中古のパソコンでも足りてしまいます。一番安く入手できるのはネットオークションを通じて個人間の取引をすることですが、動作保証が気がかりであればネットのショッピングサイトで購入した方が購入後のサポート面でも安心できるでしょう。
販売している製品によっては部品のカスタマイズも行えるため、自由度があるというのもポイントです。

Linuxを入れて運用してみよう

数年前のLinuxはやや使い勝手に難があり、インストールする段階でも手間取っていました。しかし最近出ているディストリ(Linuxのコアを中心に開発者がシステムを改良してパッケージ化したもの)は安定度や軽さの面から言っても数年前の比ではなく、かつ内蔵DVD-ROMドライブや無線LANなどのドライバの対応も進んでいるため、例えばOS代を安く抑えたいという場合には無料で配布されているLinuxを導入してみるというのも一つの手です。
コマンドを覚えればかなり自由に扱えるようになれますが、アプリのインストールはGUIからでも自由に行うことができるので初心者の方にもとっつきやすいです。
差しあたってネットサーフィンができれば十分、という方にはよい選択肢のひとつと言えるのではないでしょうか。

中古タブレットも復活させてみよう

タブレットもまた、年々CPUやストレージの性能がパワーアップしているジャンルの製品です。OSとしてはAndroidやiOSなどがありますが、Androidのタブレットであれば、海外また国内で活躍している有志の開発者が提供しているカスタムファームウェアを入れてみるのも一つの手です。
しかし一つ間違うとリカバリできないケースもありますので、インストールする際には注意と覚悟が必要です。まずは目的のタブレットの製品に対応しているファームウェアがないかチェックし、これなら出来そうだ、という場合にのみ「自己責任で」行ってみるとよいでしょう。
もし成功したならば、バッテリー持ちが良くカスタマイズが豊富で、カッコイイUIのサブ機として復活し活躍してくれることでしょう。

お買い得商品を常時多数展開しております。商品点数の圧倒的多さは業界随一です。 20年間の実績によるお客様へ安心した商品のご提供を行っています。 Be-StockはThinkPadの専門店です。IBM / Lenovoの中古パソコンを数多く取り揃えています。 Be-Stockでは決済方法は多数対応可能です。業界では珍しいコンビニ決済も対応可能です! 中古のパソコンの相談はこちらへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加